期間限定で!ウェブアルバム・電飾看板などを冒頭に表示します。

昨日より手短にウェブアルバムの整理整頓!をしておりまして、時の流れの早さにただただ唖然としております。。。
大半の電飾看板が今はもうありませんが、やはり自身の中では、お客様からお声が掛かり、企画立案し、相談しながら沢山の方々のお世話になってはじめて一枚の電飾看板が出来上がりましたので、記憶の中では今も心の中でピカピカと電飾が輝いております!(笑)
あらかじめお断りと言いましょうか、お詫びと言いましょうか、それらの看板の大半は自身だけで制作設置したものではありません。
会社として、沢山の方々にご協力をいただきまして、出来上がったものばかりであります。
ですから、自身がこれだけのことをしたという自己PRのために紹介した訳ではありません。
まあ大半が今は世の中からなくなっているものばかりですので、せめてネットの世界でピカピカと輝いていただきたいという、追善供養と言いましょうか、感謝の気持ちで紹介出来ればと思っております。
私はもう完全に看板業界の仕事には携わっておりませんので、恐らく最前線で活躍されている業界の皆様からは、時代遅れに見えるでしょうが、一時期仕事としてさせていただきましたことで、一枚の看板の(出来上がるまでの)重みというのがヒシヒシと感じられるようになりました。
まして、ただついているだけとは言え、台風などの時は、看板に異常がないかを常に確認しなければいけませんので、決して安いものではないということは言えます。
そして、何よりその看板効果でお客さんが入って下さる、集客効果に繋がる看板であることが一番大事なところであり、私自身その集客力のある看板を設置させていただけたかといいますと、その後店を閉じられたと知りますと、申し訳ない気持ちになったことでした。
どういう仕事でも、やはりお金儲けは或る意味必要なことではありますが、お客様の商売などの繁盛・繁栄にお役に立てる仕事、サービスが一番の根幹かとつくづく思います。
そういったことも、その仕事でお世話になった方々にいつも教えて戴きました。

ただ感謝の気持ちを込めまして、しばらく電飾看板の頃のウェブアルバムを見ていただきやすいところで紹介させていただきます。
信太山の記事を書くころぐらいまでを予定しております。
しばらく先になると思います。

ありがとうございます。

合掌・礼拝
感謝・感動・感激の電飾看板なり✨


2004-10-29-心斎橋ロンコートのあたりにて.JPG


2004-07-26-新町橋にて-13.JPG
Googleフォト「2004-07-26-新町橋にて-13」へ


2004-10-29-御津八幡宮にて-1.JPG
Googleフォト「2004-10-29-御津八幡宮にて-1」へ



『ピカピカと 光る微笑み 夜(世)を照らす いのちの滴シンプルネオン💓』


ありがとうございます。
 黒木 康之

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック