海はいのちの源

昨日の『ボーダーライン』(NHK総合土曜ドラマ)は、まだ見てませんが、予約録画はされている筈なのでまた見ようと楽しみにはしております。
そして、昨日テレビの電源を入れましたら、ちょうど23時からの『SONGS』が始まる頃だった。
先週は見れませんでしたが、今週はあの加山雄三さんでしたので、思わず見入ってしまいました!
歌われていた3曲(エレキメドレーは1曲として)ともすごく良かったですが、自身はあまり加山さんが歌手であるということを知らず、以前読売テレビで放送されていた『知ってるつもり』で、よく出演されていた方ということぐらいしか知りませんでした。。。
確かに大スターという当たり前の認識は持っておりましたが、加山さんご自身のことはあまり知らず、昨日紹介されていた「君といつまでも」や「海 その愛」を歌われている方というぐらいしか知りませんでした。
ですから本当に自身は加山さんを“知ってるつもり”で知りませんでしたので、昨日の番組で少し知れてよかったです。(笑)
本当に大きな大きな山(スター)であるがゆえに大きすぎてその存在の凄さに知らないとはこのことだと思いました。
やはり、加山さんが歌われているからこそあの「君といつまでも」や「海 その愛」もすごく心に響く味のある歌になるのだとつくづく思いました。
以前、SONGSで放送されていたサザンオールスターズのあの桑田佳祐さんが加山さんを永遠の若大将として、ずっと尊敬されているということでしたが、確かに南の海を思い出すサザンオールスターズや加山さんの歌には本当に共通するところがあるなあと思います。
自身も海の歌は本当に心慰め勇気づけられるものが多いと思いますが、「われは海の子」や「海」の歌は何度も何度もよく聞いております。
以前、CD集(『日本の歌こころの歌』)を購入したとき、NHK東京放送児童合唱団のみなさまが合唱されているのがそれでして、今もパナソニックのD-snapのSDカードのプレイリストに登録して聴いております。

やはり海はいのちの源でありますので、生命力を湧き出させてくれるのでしょう。

それと昨日のSONGSで加山さんが最後に歌われたのが、「MY WAY」でした。
やはり歌声の重厚さが圧巻でしたが、本当に加山さんの生き様を歌われているのだと思った次第です。
かくいう私も、中学3年の合唱大会(中学校の文化祭みたいなもの???)で自由曲でクラスで選んだ曲がこの「マイ・ウェイ」でした。
クラスごとに2曲ずつ合唱するのですが、一曲は課題曲として全クラス共通ですが、残りの一曲はクラスごとに選曲するのであります。
で、私たちのクラスが選んだ曲が、「マイ・ウェイ」でした。
私たちは日本語版のマイ・ウェイでしたので、昨日の加山さんのとは少し違いましたが、曲の意味するところは同じでありまして、それを加山さんが歌われていることに私は非常に感動したのであります。
ナレーションでは、加山さんのコンサートの最後には必ずこの「MY WAY」を歌われていると言われていました。
ですから、加山さんも「MY WAY」にはご自身の人生と重なる、共鳴する何かがあると思われていると思いますが、私も中学3年の確か今頃だったか、15の春向かって(義務教育から)巣立っていく前の、まだまだ心が純粋のある意味、アンビシャス(大志?)を抱いていた頃に、クラスのみんなと心を一つにして合唱した曲でしたので、印象に残っているのであります。
勿論、英語版で最初に歌われたフランク・シナトラの素晴らしさも十分知ってるつもりですが、原曲自体の本来持つ力も皆の心に鳴り響くものがあると思います。

昨日は、SONGSでのその加山さんの熱唱に約30分間見(聴き)入ってしまいました。るんるん


話が少し変わりまして、私の数少ない自慢?話の一つと思っております(自身では!)ことは、
中学3年間、毎年行われていた学年ごとの前述のクラス対抗合唱大会で、私の所属していたクラスが3年連続3位だったことです。(私と3年間同じクラスだった人もいたと思いますので、その人にとっても同じ自慢話になりますので自分だけの自慢話ではありません!)
一位になったことは一度もないので、決して歌がうまい訳ではなかったと思いますが、敢えて言えば自由曲の選曲が良かったのかもしれませんが、3年続けて3位というのも、今私がよく書いております「サザンクロスの輝き」と言ってよいかと自負しております。(笑)
まさにサザンがキューでもあった訳であります。

今もその行事がその中学校で行われているかは分かりませんが、当時私が中学一年の時に、二つ上の姉も確か「MY WAY」(多分英語版だったと思う)を練習していました。学年が違いますと聴く機会もなかったのですが、今も何故かそのことは懐かしく思い出されます。

加山雄三さんの”三”にかけた訳ではありませんが、昨日はタイガースに敗れましたが、ミスタージャイアンツの長嶋さんも背番号は「3」でありました。
一番も確かにすごいことではありますが、サザンがキューの意味合いでもある響き合い・掛け合い・助け合いのサン・サン・サンの鳴り響き合いのサザンクロスこそ、この地球交響楽団の一致団結するところの方向性かなと思います。

ありがとうございます。


『助け合い 響き愛こそ 世の中を 綺麗に映す 三蔵法師』

『歌われて いのちの響き 伝わりぬ 乙(音)姫舞ひて サザンがキューにexclamation

『三世より つながり伸びゆ 尽十方 有り難きかな 幸せの風』


合掌(唱)・礼拝・ああ愛の歌、微笑み賛歌なり!
如来十方世界に鳴り響くなり
感謝・感動・感激の如来尊なり。
 黒木 康之

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック